残像時代 中村靖日_blog

weblog by yasuhi nakamura

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【CM出演】 日本コカ・コーラ GEORGIA "麻雀" 篇

日本コカ・コーラの缶コーヒー 『GEORGIA』 のCM "麻雀"篇 に出演しました。
 
  [【CM出演】 日本コカ・コーラ GEORGIA "麻雀" 篇]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2007/12/30(日) 01:42:30|
  2. 仕事

【感謝】 『医龍 -Team Medical Dragon 2-』

最終話。
朝田の、神懸り的な判断と手技によって、
そして ともに闘ってきたチームドラゴンのチームワークによって、
"ピギーバック変法" を用いた心肝同時移植は成功。
 
片岡、善田、鬼頭は それぞれが目指す理想の医療の実現へと歩み出す。
明真の医者でありながら "チームドラゴンのサポーター" として影の活躍を果たした木原。
次世代型人工心臓を 秘密裏に準備し、鬼頭の患者を救った霧島。
数々の悪行を暴露された野口は、異国の地で瀕死の状態に陥りながら「ノォー…」。
 
"なにかあった時は 駆けつける" そう誓い合って、
チームドラゴンのメンバー… 伊集院、荒瀬、ミキ、藤吉、小高、松平、外山、野村は
それぞれの患者が待っている医療現場へ 戻ってゆく。
そして再び、異国の医療施設へと 独り赴いてゆく朝田…
 
*
 
ついに 終わってしまいましたね。
 
前作の『医龍 -Team Medical Dragon-』を手掛けた
スタッフ・キャストが再集結したということで、
劇中の "チームドラゴン" さながらに、とても息の合った 素晴らしい撮影現場でした。
そこへ、新たなオリジナルキャラクター "ME・野村博人" として参加することに
少なからずプレッシャーも感じたけれど、
スタッフ・キャストの皆さんが とても気さくにコミュニケーションを取ってくれて、
このドラマをつくっているチームの輪へ ぼくも自然に溶け込むことが出来たのでした。
 
12月に入り、最終話が近づく頃には 次第に撮影スケジュールもシビアになってきたけれど、
"俺たちはチームだ。1人じゃ無理でも、お前の後ろには仲間がいる。"
という 朝田のセリフそのままに、スタッフ・キャストが最後まで力を合わせて
いいドラマをつくろう という熱気が 現場に充満していました。
それは ほんとうに感動的な光景で。
"オレは いま 途轍もない瞬間に立ち会っている…" 日々、そう感じていました。
 
『医龍』の撮影現場で「本番!」という助監督さんの掛声が上がると
ぼくはいつも、野村のトレードマークである眼鏡を 指で "すっ" と上げるのが常で。
そうすることで、何と言うか、気合が入るような。ぼくだけの、ささやかで秘かな儀式でした。
『医龍』の撮影が終わって、いまは もう別の作品の撮影に参加してるんだけど
その撮影現場で「本番!」の掛声が上がった時、
無意識のうちに 指で眼鏡を上げようとしたことが 何度も何度もあって。
でも、その作品では眼鏡を掛けていない役だから 空振りしちゃってさ。ひとりで苦笑い。
そのくらい "野村博人" は、ぼくのなかに 深く 沁み込んでいる。
けれど この儀式をしようとする癖も、いつか 消えるのでしょう。
 
『医龍』では とても密度の濃い時間を、大勢の仲間たちと過ごしました。
終わったことで、少し寂しさを感じたり、どこか ほっとした気持ちもあったり。
でもやはり "これからも 前へ進んでゆく" というモティベーションが いま高まっています。
 
"なにかあった時は 駆けつける"
その時は きっと "野村博人" も駆けつけることでしょう。
チームドラゴンが再び集結する その日に…
 
スタッフ・キャストの皆さん、お疲れ様でした。ほんとうに ありがとうございました。
 
そして…このドラマをご覧くださった視聴者の皆様、ほんとうに ありがとうございました。
 
 
*
 
番組のご感想は
ぜひ 医龍 -Team Medical Dragon 2- 公式サイト へもお寄せください。
よろしくお願い致します
 
  [【感謝】 『医龍 -Team Medical Dragon 2-』]の続きを読む
  1. 2007/12/25(火) 07:29:23|
  2. 仕事

【掲載誌】 装苑 -2008年1月号-

ファッション誌 "装苑" 2008年1月号(11月28日発売中)の
特集 "NEW COMER 2008 『装苑』が注目する人、もの、こと" にて
写真とインタビューが掲載されました。
 
  [【掲載誌】 装苑 -2008年1月号-]の続きを読む
  1. 2007/12/02(日) 01:02:42|
  2. 仕事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。