残像時代 中村靖日_blog

weblog by yasuhi nakamura

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【初日舞台挨拶決定】『草原の椅子』【映画】

2月28日(土)公開の
映画『草原の椅子』に出演します。

「喜多川秋春」役。

なお公開初日には
丸の内TOEIにて舞台挨拶が決定。
登壇予定は
佐藤浩市さん、西村雅彦さん、吉瀬美智子さん、小池栄子さん、黒木華さん、中村靖日、成島出監督。
詳しくは公式サイトへ。

【2013/02/18(月) 19:15:28】
[【初日舞台挨拶決定】『草原の椅子』【映画】]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2013/02/24(日) 12:17:51|
  2. 日々記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

【感謝】『メイド イン ジャパン』【レギュラー出演】

mji_01

テレビ60年記念ドラマ
メイド イン ジャパン
ご高覧ありがとうございました。

ほとんどのテレビドラマや映画では
クランクイン前、一番最初に「顔合せ」をします。
スタッフ・キャストの全員が集結して挨拶をします。

しかし『メイド イン ジャパン』は違いました。

まず最初に、ドラマ劇中の
"再建戦略室"の7人のキャストと
数名のスタッフのみが集まり、
この作品のモデルとなった"某大企業"で
現実に秘密裏に"再建戦略"に従事して
活動したという御方にお会いして
お話を伺いました。

現実の話は、やはり壮絶だった。

この脚本を書き上げるために
井上由美子先生は数年を費やしたそうです。

我々は、あくまでも
エンターテインメントとして
ドラマに仕上げなければならない。
視聴者の皆様が楽しみ、考えて頂く事が大切。

撮影は、リハも含めてかなりの時間を費やしました。
10分間のシーンでもキャメラを止める事無く、
まるで舞台のように何度も何度も繰り返し
同じ芝居をしました。
さらに同じシーンを
アングルを変えて何回も、何回も。

脚本に描かれ、実際に撮影されたシーンも
放送される際にかなりの部分が編集でカットされました。
しかし、良い意味で濃く、凝縮された作品になりました。

作品に対して視聴者の皆様からは様々な意見があると思います。
当然です。全てを「イイネ!」で済まされる内容ではありません。
けれど全スタッフ・キャストは最後まで死力を尽くして
この作品を創りました。

ぼくは『メイド イン ジャパン』に
出演させて頂けた事を心から誇りに思います。

すべての視聴者の皆様、スタッフ、キャストへ心から感謝です。

最後に。

"工藤文也"さま。
いつもオドオドして格好悪くて
慌ててた社長秘書だったけれど、
ぼくの人生の数ヶ月間を君を演じることに費やした事を
心から誇りに思います。

ありがとう、工藤文也くん。
 
【2013/02/15(金) 02:44:18】
 
[【感謝】『メイド イン ジャパン』【レギュラー出演】]の続きを読む
  1. 2013/02/15(金) 08:13:07|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。