残像時代 中村靖日_blog

weblog by yasuhi nakamura

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【LIVE】坂本美雨 with おおはた雄一 20070222



" きょうも 南風は吹いてるのかな "



坂本美雨 with おおはた雄一 2007年2月22日 風知空知

坂本美雨さんと おおはた雄一くんの
スタッフ、関係者、友人らが集い シークレットライブ。

『オキナワソバヤのネエさんへ』『彼と彼女のソネット』
『The Never Ending Story』『おだやかな暮らし』…

坂本美雨さんの生歌を聴くのは初めてでした。
目を閉じると、身体のまわりを歌声に包みこまれて
なんというか まるで 羊水に浮かんでいるかのような 響き。
子宮でヒトの胎児は 発生から出産へと至るまでの間に、
太古の時代から生物がたどった長い長い進化の軌跡を
再び なぞりながら成長してゆく、という話がある。
この世界をあまねく満たす その長い旅の軌跡を
まるで 孕んでいるかのような 響き。

ブルース、フォークの色彩が濃い 雄一くんのギター。
この日は 美雨さんのヴォーカルに伴いながら
音の輪郭ひとつひとつを端正に響かせる
どことなくクラシックな感触も。
数曲を演っては、テーブルへ戻って歓談したりと。
先月 とあるイベントで演奏した
雄一くんの新しい曲は素晴らしかったよな…
などと話してたら、その『南洋航路』を演ってくれたり。

穏やかで 豊かなひとときでした。


  1. 2007/03/01(木) 18:14:50|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuhi.blog11.fc2.com/tb.php/138-fb5caf75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。