残像時代 中村靖日_blog

weblog by yasuhi nakamura

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ガジュマル】ひとりと ひと鉢 冬春過ぎて 夏来にけらし



わさわさと茂りゆく 初夏。
 
 
 
季節ごと、したためるつもりだった "ひとりと ひと鉢"。
ぼんやりしていたら 冬と春を書かないままに過ぎてしまった。
 
 
冬。ガジュマルは あまり生長しない。
熱帯の木だから 寒い場所には放置しないようにする。
屋内で なるべく陽あたりのよいところへ置く。
けれど天気がよくてあたたかい日には ベランダへ出し
たっぷり水をあげて 陽にあてる。
 
はじめて病気らしきものに罹った。
葉の裏に ぽつぽつと白い斑がついて どうも木に生気がない。
いろいろと調べて、買ってきた薬液で1枚ずつ葉を拭った。
しばらくすると斑は無くなり 治ったようだが
いささか薬が強すぎたのだろうか、いまでも葉に少し傷みが残っている。
 
 
3月のはじめだったろうか。
日増しにあたたかくなり 春のおとずれを肌に感じるころ。
茎のそこかしこで にわかに やわらかな萌黄が芽吹きはじめる。
ガジュマルが目覚めた。
季節の移ろいとともに在る 植物の敏感さを、あらためて知る。
 
春。また ハート形の葉がついた。昨秋につづけて。
2ミリくらいの小ささから すでにハート形なのだ。
 
DSC00970_928_psd.jpg
左:2センチほどに育った 2つ目のハート葉。傍らには小さな芽が。
右:3週間後。小さかったその芽が伸びて茎となり 葉が2枚もついた。
 
 
DSC00988_psd.jpg
6月。いちばん上部の茎。昨秋についた 1つ目のハート葉がみえる。
昨年11月の写真では ハートより上の葉数は6枚だったのが、いまでは16枚に。
 
 
DSC01053_1007_psd.jpg
左:さらにその先端部。1センチに満たない芽が。
右:3日後、その芽から茎が4センチほども伸びて また あたらしい葉が。
 
 
DSC01033_psd.jpg
根にちかいところでも あたらしい茎が ぐんぐん生えてきた。
 
 
これからの季節、ガジュマルは勢いよく 日に日に育つ。
 
 
水はなるべく毎日 たっぷりやる。
根や土だけでなく 茎と葉にもかける。それはただの気分。
ペットボトルに溜めて2、3日 天日干しにした水道水をやる。
 
真夏の強すぎる陽射しは葉が灼けてしまうから 陽にあてすぎない。
たいていは屋外の日陰に置き ときどき日向にも置く。
けれども夜は部屋に入れてやる。それもただの気分。
 
DSC00997_psd.jpg

ハート形をしたガジュマルの葉って めずらしいのかな?
樹高が50センチを越え、ようやく "木" らしくなってきたよ。
育てはじめて 4度目の夏が来る。
 
 
 
今週。なんとなく なんとなくだけれど 植木鉢の裏をのぞいてみた。
 
底穴から ちょろちょろと伸び出しているではないか。
 
根が。
 
 
 
あ…。
 
 
 
 
  1. 2007/06/16(土) 10:08:32|
  2. ガジュマル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。