残像時代 中村靖日_blog

weblog by yasuhi nakamura

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【旭山動物園物語】 そらの白 ゆきの白にも そまず さすらえ

20080224_01a

 
きのう歩いた川原です。
どのあたりがどう川原であるかは、さておき。
 
映画『旭山動物園物語』、
クランクインして3週間が経ちました。
 
 
 
ひとまず スタジオが1週間。
ロケで東海、関西をまわり
そして いよいよ北海道へ。
動物園や水族館は 5箇所も訪れたよ。
 
北海道を少しずつ北上しながら、 ロケの旅。
いまは ひときわ寒く 雪深い土地に滞在してます。
 
 
現場で日々 ご一緒している、
名優と呼ばれる大先輩方の
存在の厚み、大きさは途方も無くて。
一瞬 一瞬 とても勉強になります。
 
さて、ぼくはと言えば
監督に、毎日、いっぱい、叱られまくってます、
そりゃあ、もう、すがすがしいくらいに(笑)
 
ぼくが持っている 芝居の癖や、芝居臭さや、
そういった いろんな不要なものを
削いで 削いで、その先に あるはずのものへ。
 
ぼくは、ぼくとして。
 
うむ。
 
よし!
 
 
 
撮影は 4月中旬まで続きます。
まだまだ、これからです。
ぼくだけは 季節を追って夏頃まで撮影があるしね。
 
 
 
きのうは撮影が休みだった。
二度寝どころか三度寝をして、
ホテルのそばで見つけた 雰囲気の良いビストロで
美味しいランチをいただいたら、
なんだかとても気分が楽しくなったので
思いつきで、街外れの 川原へと散歩してみた。
 
20080224_02a

 
一面に広がる 白銀の世界が とてもきれいだ
 
…などと感慨に耽っていたのも束の間、
手足や鼻、頬などが とてつもなく冷え切っていた。
じんじんと ひどく痛む。
 
いや、痛いどころの話ではない。
手とつま先が なんだかもう あり得ない感覚 になっていた。
 
ほんの3、40分 散歩しただけなのだが。
街から500メートルほどしか離れていない川原で。
 
自然は 猛然と、ぼくの体温を奪ったのでありましたです。
 
 
ちょっとした 遭難状態かも?
 
 
ええ、大慌てで、小走りで、来た道を 戻りましたとさ。
 
20080224_03a

 
やっと 最初にみつけた建物は
美術館で、そのロビーにて避難(?)。
ほっと一息つき、手と顔をお湯に浸して温め、
感覚の無くなったつま先を ヒーターで温めながら、
鞄に入れてた目薬を点そうとして、びっくり。
 
凍ってたよ、目薬が。
 
あとで聞いたら
きのうは日中でも最高気温が-10℃だったとかで。
 
みなさんも "ちょっとした遭難" には くれぐれも お気をつけて。
 
 
20080218_bear01

 
をいをい。
 
 
 
 
  1. 2008/02/25(月) 10:43:25|
  2. 『旭山動物園物語』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。