残像時代 中村靖日_blog

weblog by yasuhi nakamura

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【旭山動物園物語】 雨はどこへいった 雲はどこへいった

DSC02328_psd.jpg
 
2008年7月18日。
東京の空は朝から雲ゆきがあやしくて。
この日、映画 『旭山動物園物語 ~ペンギンが空をとぶ』
初号試写がありました。
 
 
こんなに緊張した初号試写は、はじめてだったなー
数日前から初号のことを想像すると、
まるで身体のなかが ひんやりと凍結するような感覚。
どんな炎天下にいようが ひんやり だ。
 
その日、家の玄関を出た途端
あまりの雲ゆきのあやしさに なんとなく願った。
「どうか試写室に着くまで降らないでくれ。
 降るなら試写の上映中に過ぎてくれ。」
天気予報は、雨。
 
立派な試写室のあるその現像所を
これまでに何度訪れたか分からない。
運命じゃない人』の初号もそこで観た。
けれど、今回ほど、緊張しながら向かったことはない。
一歩一歩 近づくにつれ、またひんやりが身体を貫いて。
それでも、現像所には到着した。
雨は降らなかった。
 
 
そして
 
初号上映終了後、試写室は拍手で包まれた。
涙を流している人の姿もあった。
 
ぼく自身は、まだ しばらくは、この映画について
冷静に語ることは出来そうにありません。
今はただ、一人でも多くの観客の皆様に
劇場でこの作品を観ていただけたらと 心から願っています…!
 
パーティの後に現像所の玄関を出ると
正面の空に、真っ赤な夕陽が輝いていた。
雨は上映中に通り過ぎていた。
 
 
*
 
そういえば、こんなことがあった。
 
昨年の暮れ、ドラマの撮影中に
スタジオ前室にあった雑誌を読んだのだったか、
『2008年の運勢』みたいな記事に 何気なく目を通していたら
蠍座の、2008年のラッキースポット(?)は「動物園」とあった。
もちろん その時点で映画『旭山…』への出演は決まっていたから
「あ、良いことになれば嬉しいけれど」なんて ぼんやり思った。
 
それから、映画『旭山…』の撮影もすっかり終わった、
この7月のこと。ドラマの撮影のため関西を訪れた。
ぼくは転勤族の子供で、思春期のほとんどを関西で過ごしたから
ほんのりと懐かしい気分でいっぱいだった。
 
そのドラマの台本にも、1シーンだけ動物園が登場した。
 
やはり今年は動物園に縁があるんだな、
なんて思いながらロケ地の動物園を訪れる。
撮影は、台本に書かれている通り、キリンの放飼場の前で行われた。
俳優たちが芝居をするその奥に、キリンがうまく映り込むようにと
飼育係の男性が餌をやりながら キリンの立ち位置を調整してくれた。
 
そんな撮影も一段落着いた時のこと。
さっきまでずっとキリンを誘導していた飼育係の男性が
つかつかと ぼくのそばにやって来て、言ったのだ。
 
「おう、靖日。久しぶりやな」
 
えええええっ!?
あまりに突然のことで まったく訳が分からず
その男性の顔をまじまじと見たが、誰だか分からない。
 
「オレや、Sや。」
 
名前を告げられて、すぐに分かった。
なんとその飼育係さんは、
ぼくの中学高校時代の同級生だったのだ。
ぼくよりも小柄で、お笑い芸人のようにオモロいヤツで。
みんなの前でオモロいことをやって笑かしたりする
元気のいい子だった。
 
いま目の前にいるSは、寡黙で、
体格も大きくなって、ずいぶんと印象が変わっていた。
だから 言われなければSだとは気がつかなかった。
 
高校を卒業後、ぼくは美大進学のため東京へ出て、
Sとはそれ以降 一度も会うことも、連絡することも無かった。
実に 17年ぶりの再会である。
Sは高校を出て1年ほど ぶらぶらしていたが、
19歳から その動物園でずっと飼育係をしてきたという。
 
ぼくは映画 『旭山動物園物語 ~ペンギンが空をとぶ』で
新人から、次第に成長していった飼育係の役を演じた。
モデルになった獣医・飼育係の坂東元さんにお会いしたり、
取材をしながら、ほんとうに大変なお仕事なのだと知った。
 
その飼育係という職業の人生を、Sは現実に歩んできたのだ。
きっと、ぼくが映画で演じたのと同じように
新人時代からの17年間 いろんな経験をしたことだろう。
今ではすっかり貫禄のあるキリンの飼育係となっていた。
 
そんなSとぼくが、偶然の再会を果たした。
 
たった1シーンの撮影のために訪れた動物園。
たまたま「キリンの」放飼場前と書かれた台本。
ロケ地に選ばれた動物園の、キリンの飼育担当がSだったこと。
いくつもの偶然が重なって、再会した。
 
こんなめぐり合わせって、あるものなんだな。
2008年、ぼくはやっぱり 動物園に縁があるようです。
 
 
DSC01734_psd.jpg 2008年3月 茨城の動物園にて、
映画『旭山動物園物語 ~ペンギンが空をとぶ』 ロケの合間の1枚。
サイの口って、硬いけど 柔らかいんだよ。
動物とふれあうと 笑顔になるね。
つーか、やっぱサイってデカイなー!
顔だけで ぼくの全身ぐらいあるし。
 
 
映画 『旭山動物園物語 ~ペンギンが空をとぶ』
ぜひ劇場でご覧くださいね。
公開はまだ少し先だけど、どうぞお楽しみに…!
 
角川映画 公式サイト
 
*
 
■さてここで、今春以降に携わったお仕事をドバッと報告。
 
■矢口史靖監督の最新作映画『ハッピーフライト』に出演。すでに劇場では予告篇が流れ、ぼくもちらっと登場してるそうです。目撃情報メールを寄せて下さってありがとうございます(^^)公開は2008年11月の予定。撮影は5月でしたー
 
■6月、ぼくは再び旭川空港へ飛びました。倉本聰氏が脚本を手掛ける、フジテレビ開局50周年記念連続ドラマ『風のガーデン』の撮影で富良野を訪れたのです。2008年は北海道にもご縁がありますね。O.A. は2008年10月-12月、ぼくはそのうち数話に出演する予定です。
 
■5月-6月はWOWOW製作のドラマ『ルパンの消息』の撮影もありました。ぼくは新米刑事の役で、意外性のあるなかなか重要な役でした。O.A. は2008年9月の予定です。
 
■上にも書きましたが、関西テレビ製作のドラマ出演のため7月に関西を訪れました。詳細は追って告知しますね。
 
■7月、新しいテレビCMのナレーションをやりました。と言っても通常のナレーションではなく、撮影の現場にぼくも立ち会って、役者さんたちの芝居にぼくが声で絡むという、なかなかめずらしい方法でした。詳細は追って告知しますね。
 
■『サラリーマンNEO Season3』『ザ・クイズショウ』いずれの収録も大詰めです。オモロなので お見逃しなくー
 
てな感じで、どうぞお楽しみに…!
 
  1. 2008/08/04(月) 11:07:38|
  2. 『旭山動物園物語』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ガジュマル】 たどりつけばいつも ひとりと ひと鉢 | ホーム | 【レギュラー出演】 ドラマ『THE QUIZSHOW ザ・クイズショウ』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuhi.blog11.fc2.com/tb.php/177-8d21c8d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。