残像時代 中村靖日_blog

weblog by yasuhi nakamura

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【ガジュマル】 たどりつけばいつも ひとりと ひと鉢

DSC02254_b2_psd.jpg
 
ぼくの新居です。
屋根と壁と床がありません。
ちょいちょい欲しくなります。
けれど開放的すぎる眺望がたまりません。
 
 
 
なんつて。
 
そういえば、春夏秋冬と
季節を追ってガジュマルについて書く
 
…つもり だった…はず、のような?
 
気がつけば1年と2ヶ月、音沙汰の無いまま
5つめの季節を過ぎようとしている。
 
実は、この音信が途絶えた間に
わが家のガジュマルは
最大の危機 を迎えていたのだ。
 
 
昨年10月末のことである。
事情があって、ガジュマルの鉢を
乗用車で運ぶ機会があった。
助手席の足元に
ガジュマルは鎮座して、ドライブだ。
 
到着後、
ガジュマルを降ろそうとぎゃあああああああああ
 
あああああガジュマルが 根っこから もげている!
 
子供のころ、歴史の本に
森林を開拓して耕地にした人々の写真が載っていた。
大木を鍬などで根元から掘り出し、荷馬車で運ぶ光景。
「昔の人は手で掘ったなんて大変だったろうなァ」
などと子供心に思ったものだが
 
あの写真の大木そっくりに
ガジュマルは 真横に すっ倒れて
根っこをさらしていた。
細い根は ほとんどすべて千切れている。
幹は とんでもない方向へ折れ曲がり、
あちこちに裂傷が いくつも…
 
ひどい状態だった。
とにかく 急いで鉢に植え直した。
けれども。
 
はたして 再び根づいてくれるだろうか…
 
なにしろ季節は晩秋。
これから迎える冬場、ガジュマルの成育はストップする。
つまり 根もほとんど伸びない。
おまけに翌年(つまり今年)の前半は
映画『旭山動物園物語 ~ペンギンが空をとぶ
の撮影に入って留守がちになるから、
みっちりとガジュマルをケア出来そうにない。
 
心配した通り それから2、3日で
みるみるうちに ほとんどすべての葉が枯れ落ちた。
 
いのちの瑞々しさが、失われてゆく…
 
帰宅すると、寒風に煽られて
またまた木が 根こそぎ真横に すっ倒れてた
なんてことも、1度や2度ではなかった。
 
このまま この木は枯れてしまうのでは…
 
育てて5年、
初めて そんな危機感を覚えた。
 
けれど、焦ったところで
すぐに全快するはずはない。
ずっとこの木の世話をし、
観察をし続けてきた経験で学んだ。
木は ゆっくりと変わってゆく。
 
ゆっくりとしか 変わらない。
 
今はただ、いつものように 育てるしかない。
 
冬の間は水をやり過ぎない。
暖かい日には多めに水をやる。
室内の陽当たりの良い場所に置く。
 
冬の間 ガジュマルは
ひっそりしているけれど
毎年、3月の中下旬になると
まるで冬眠から目覚めたかのように
勢いよく、成長を再開する。
 
今年は、
4月を過ぎてもその兆しが 無い。
葉や茎が まったく生えてこない。
この木は、じんわりと枯れ始めているのだろうか…
たとえそうだとしても、いつも通りに 育てよう。
 
もしも、駄目だったなら。
その時のことは 心の隅で
静かに覚悟はしていた。
 
育てよう。
いつもそうしてきたように。
 
 
 
また 夏がやって来た。
 
 
 
 
DSC02338_psd.jpg
 
ガジュマルは 根づいた。
 
初夏に差し掛かって、
やっと目覚めたかのように
あたらしい葉と茎が つぎつぎ生えてきた。
丈は、じき1メートルに届きそう。
 
ちょっと前に引越をしたばかりなので、
ベランダでの陽当たりの加減を読むのが まだ難しい。
直射日光に当たり過ぎて 葉が少し灼けてしまった。
気をつけないとね。
 
5年前、うちに来た頃は
ほんの20センチくらいだった。
気がつけば ほんとうに大きくなっている。
 
欲を言うなら、
もっと がっしりした木になって欲しいかも。
幹が ひょろっと伸び過ぎてるようで。
なにか育て方のコツなどあるだろうか。
調べてみようっと。
 
気根は相変わらず
『あぐらをかいた人』のようなかたちをしている。
もっと、わしっ、ぐにゃ、って
くんずほぐれつな雰囲気に 生え伸びるといいな。
 
 
ガジュマルは、丈夫な木だ。
 
 
いのちの成長の たしかさに、ふと安らぐ。
 
 
 
 
 
 
  1. 2008/08/19(火) 22:32:51|
  2. ガジュマル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【日々記】 世田谷 GB400 共生 不審者 | ホーム | 【旭山動物園物語】 雨はどこへいった 雲はどこへいった>>

コメント

植物の生命力って凄いですね

無事に根付いてよかったです!
沢山愛情をかけてあげてたから
かじゅまるも
頑張って元気を取り戻そうとしたんですねー(〃'▽'〃)

中村さんと一緒に
強く強く根付いていく姿を
これからも楽しみにしてます!
  1. 2012/06/12(火) 19:47:25 |
  2. URL |
  3. sekino  #-
  4. [ 編集]

心宿る声が聞こえる

奇しくも(中村さんと)同じ頃、がじゅまると暮らし始めた現実に、かえって非現実ではなかろうかと、
(要するにありえへん!そんな夢みたいなこと、と吼える)
未だに嘘みたいに思えていますが、うちのがじゅまるも5年近く無事成長しています。
通販だったので、自分で選べなかったのだけど、なんか、無性に欲しくて。
来た時は15センチくらいの手のひらサイズだったのが、やっぱり縦横3倍くらいになっています。中村さんちのがじゅまるはすごく“らしい”感じなのに、うちのは同居人の私に似て“やせっぽち”だが、かなり丈夫。病気もしたことないし。
もう年末だけどまだ落葉してません。い、いいのかな・・・
寒くなってきたので元気でねおふたりさん
ーおしまいー
  1. 2008/12/05(金) 23:31:40 |
  2. URL |
  3. 碧野 #pROVi3Uk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuhi.blog11.fc2.com/tb.php/178-480699f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。