残像時代 中村靖日_blog

weblog by yasuhi nakamura

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

musical baton

みーちゃんから渡ってきました。
質問に答えたら別の5人に同じ質問を渡すルール。

■今パソコンに入っている音楽ファイルの容量
■最後に買ったCD
■今聴いている曲
■よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
■バトンを渡す相手5人の名前(+ブログ等のURL)

■今パソコンに入っている音楽ファイルの容量

3Gくらい。

■最後に買ったCD

Ben Harper With The Blind Boys Of Alabama『There Will Be A Light』
友人の誕生日に贈りました。自分用なら、

Jack Johnson『In Between Dreams』
だったかな。他に2、3枚買った気がする。

■今聴いている曲

Joao Gilberto『Na Baixa Do Sapateiro』

■よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

気恥ずかしさでコメントが異様に長くなった。ネット隣人の皆さんは1、2行でまとめているのに…。思い入れで選んでみたけど普段はあまり聴かなくなってる曲が多いし、自分でもなんとなくしっくりしない印象も。来週また選び直したら別の5曲になるかも。
---

My Bloody Valentine『Soon』

10代の終わり頃よく聴いてた曲ではPrimal Scream『Movin' On Up』、『Higher Than The Sun』と迷うけれど、思い入れではこっちか。変わり者の友人Y嬢がこの曲のEP盤を33回転で録ったテープをくれたのがきっかけ。Y嬢は日本でもかなり早い時期、5番目以内くらいに舌にピアスを空けた人らしく、田舎者のぼくはそれを見せられてチビりそうだった。
---

David Darling『Darkwood1』

ジャケが気に入って、試聴したら音もすごく好みだった。書き物をする時はこのくらい抽象的で反復するゆるやかな音楽がいいです。あとになって気づいたのだけどジャケはゴダールの映画『パッション』からの1コマだった。
---

John Williams『Three Million Light Years From Earth』

映画『E.T.』OSTから。お小遣いを兄貴と出しあって初めて買ったカセットがこれ。公開当時、主人公の少年と同い年だった。今ではE.T.の方にルックスが似始めてるけど。小学2年から全寮制の学校に通ってて規律が厳しかったこともあり「音楽を買う」という感覚のめばえは遅かったと思う。長期休暇が終わって実家から寮へ帰る自動車のカーステレオで聴いた時のことをよく憶えている。自由が奪われる場所へゆるやかに向かっていくその時間がふいにつらくなったのだけど、車窓から夜空を見上げていると悲しさがまぎれた。もし『E.T.』みたくあの星に誰かがいてこっちを見ていたら、悲しいことも楽しいことも全部まとめて小さな一つの光に見えるんだろうなーって。子供心に特撮や大げさな物語だけでなく映画に散りばめられたアメリカの郊外風景にもときめいた…デリバリーのピザ、BMX、スウェットパーカ、ボードゲーム、ウォークインクロゼット、m&mチョコレート。大人になって観直した印象だと、ぼくは70年代のスピルバーグが好きなんだけど『E.T.』もぎりぎりそのフレイヴァーが残っている。社会から見捨てられた者たちへのまなざし、アメリカンニューシネマの残像のような。いろいろ言うけど子供の頃に受けた衝撃は否定できないということですかね。
---

フィッシュマンズ『Go Go Round This World ! 』

昔、友人がくれたテープに入ってて好きな曲だったんだけど失くしてしまった。最後となった野音ライブでも聴いた。夕立のあがった夜空の湿った空気に佐藤君の声が響き渡って。いまだに音源は持ってないけど鼻歌をうたう。ハードディスク事情だけを基準に音楽を聴いたり語ったりするのも寂しいしね。鼻歌をうたってそうなのは小沢健二『ローラースケート・パーク』、ザ・ブルーハーツ『チューインガムをかみながら』、サニーデイ・サービス『bye bye blackbird』、ハナレグミのライブで聴いた『サヨナラCOLOR』とか。他にもいっぱい。そういえばさっき商店街を歩いてたらお店からbonobos『THANK YOU FOR THE MUSIC』やスピッツ『スパイダー』が爆音で流れてきてキュンとなった。それにつられて鼻歌は次々と。
---

The Beatles『Here Comes The Sun』

ビートルズを1曲入れたかったんだけど選ぶのは無理っぽい。初めて聴いたのは小学校高学年、実家の押入れで大量のレコードを発掘した中に混じってた赤盤。中学になるとCDの時代が来て、再発が始まった彼らのアルバムを買い集めながら60年代以降の文化や政治、歴史について知った。高校卒業まで全寮制という閉鎖的な環境で育つことが決まっていたぼくが、世界の多様さに気づくきっかけをくれたのがビートルズ。

■バトンを渡す相手5人の名前(+ブログ等のURL)
  1. 2005/06/27(月) 23:39:58|
  2. 感想
  3. | コメント:2
<<『この景色のなかをずっと』 | ホーム | 『運命じゃない人』公開日決定/座談会>>

コメント

Re:

にゃー あざーっす!<m様
  1. 2005/07/02(土) 16:23:51 |
  2. URL |
  3. ysh #zRol3RE6
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/06/29(水) 01:44:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。