残像時代 中村靖日_blog

weblog by yasuhi nakamura

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【感謝】 市川準 監督

DSC02501_a1C_psd
 
ぼくが、はじめて出演した
劇場用映画そしてテレビCMは
市川準監督の作品だった。
 
 
市川さんに、はじめて
お逢いした日のことを憶えている。
古い映画のポスターが貼られた、
乃木坂のバー。
 
穏やかだけれど
とても厳しそうな人、に見えた。
そして途方も無く多忙なはずなのに
どことなく無頼の匂いがした。
 
ぼくは美術大学の学生だった。
無愛想で、ろくに口も利かなくて。
 
『つぐみ』
『ノーライフキング』
『病院で死ぬということ』
 
大好きな作品だった。
だから、ほんとうは
訊きたいことは山ほどあったのだ。
 
 
 
市川さんと、最後に
お逢いした日のことを憶えている。
麻布にあるスタジオの玄関。
偶然で。お久しぶりだった。
 
あの乃木坂の日から十数年が経ち。
映画やCMに何度か起用していただいた。
穏やかだけれど厳しい市川さんと、
ぼくは軽い冗談など
言い合ったりするようになっていた。
 
そして、笑顔で別れる。
 
「うん。じゃ」
 
「はい。また」
 
 
 
市川さんの訃報が入った日。
 
ぼくは、
市川準監督作品のとあるロケ地を
ふらり散歩してみた。
 
悲しい気持ちには、ならない。
 
この街は、ぼくにとっての日常。
 
悲しい気持ちに、なりたくはない。
 
 
あの日。
あの階段の下、地下1階の広場で
ぼくは市川監督に随分しぼられた。
「ダメ。もう1回」
市川監督からあれほど繰り返し
NGを出されたのは、あの時だけだ。
 
 
あの日と同じ場所に立ち、
あの日と同じことをやってみた。
 
 
どうでしたか、監督?
 
 
 
 
 
なんてね。
 
 
 
 
 
やっぱりダメですね、全然。
 
 
 
 
 
ぼくは、まだまだです。
 
まだまだ、これからです。
 
 
 
 
 
市川準監督、
あなたと同じ時間をともに生き
あなたの作品に携われたことを
心から誇りに思います。
 
 
ほんとうに
ありがとうございました。
 
 
 
  1. 2008/09/21(日) 08:58:16|
  2. 日々記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【ドラマ出演】 『風のガーデン』  哀悼 緒形拳 様 | ホーム | 【ドラマ出演】 『ルパンの消息』>>

コメント

市川準監督について。

すみません。始めてご連絡するのに不躾な質問となりますが。。。
一昨日 追悼 市川準を読み終え。今トニー滝谷を見終えました。
どうしても知りたい事があり、河出書房に連絡をとり、その担当者の方に電話いたしましたが、出版部門がなくなり退職されたということで知る術を失い,こちらへ連絡させて頂いています。市川準監督が最後にいたバーを伺いたいです。すみませんお知りでしたら是非教えて下さい。ご迷惑は一切おかけいたしません。

私のホームページとアドレスも記載させて頂きます。
http://www.fuller.jp/ http://blog.livedoor.jp/fullerblog/
press@fuller.jp

宜しくお願い致します。
  1. 2009/05/22(金) 18:26:50 |
  2. URL |
  3. 玉村嘉明 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/02/19(木) 21:01:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuhi.blog11.fc2.com/tb.php/186-34f134da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。