残像時代 中村靖日_blog

weblog by yasuhi nakamura

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【世田谷カフカ】 東京 世田谷 カフカ NYLON100℃ 【上演中】

DSC03777_01_.jpg
 
NYLON100℃ 34th SESSION
世田谷カフカ』現在、上演中。
 

 
東京都
世田谷区
北沢2丁目10-15
下北沢ハイタウンA棟
本多劇場…にて。
 
いよいよ、10月12日(月・祝)まで。
ぜひ観に来て下さい。
 
 
世田谷。
 
フランツ・カフカ。
 
NYLON100℃。
 
 
それでは、本多劇場でお逢いしましょう。
 
DSC03778_01_.jpg
 
 
  1. 2009/10/09(金) 01:17:35|
  2. 『世田谷カフカ』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<【感謝】 NYLON100℃ 『世田谷カフカ』 【公演終了】 | ホーム | 【CM出演/映画出演】 アステラス製薬TV-CF『IBS・救いの女神』篇 / 映画『カイジ』>>

コメント

Re:

 
>ゆう さま
 
>>お芝居住まいから遠くて 見に行けません 残念ですが ガンバです
 
ありがとうございます。
次に舞台をやるときは
地方公演もやれたらいいな…って思います。
 
 
  1. 2009/11/04(水) 18:21:46 |
  2. URL |
  3. ysh #PzBLRq/Y
  4. [ 編集]

Re:

 
【2009/10/15(木) 02:26:36】
 
>k村 さま
 
>>中村さん、あの役すごくぴったりでした。あの役があること事態、驚きでしたが。
 実は当初、カフカ自身は登場しない予定でした。様々な経緯を経てカフカ登場…そしてなんと、ぼくが演じることに。
>>深い人間愛に裏打ちされた世界観
 なるほど。それも一つの感じ方ですね。納得です。
>>朗読のシーンも良くて、童話の朗読CDとか、出して欲しいです。
 朗読会のような催しもぜひやってみたいところです。ほんとうに、やってみたい。
 ありがとうございました。
 
>chi さま
 
 カフカは作品も作者本人も謎めいていて。そこも大いなる魅力ですよね。
>>演者は相当の集中力と体力を消耗しているのでは。
 マチソワあれば1日のうち6時間強、本番でしたからね。でも心の底から楽しくて、充実した日々でした。
 ありがとうございました。
 
>NONAME さま
 
>>ばらばらのようで、でもつながっていて、なんだかわからないけれどすごく面白い。改めてケラさんの力量に感服しました。
 我々演者も、バラバラに少しずつ上がって来たように思えた台本が、最終的にピタッとパズルが完成するように収束して、驚愕しました。
>>出演者のみなさまも素晴らしい。このわけのわからなさを背負って、ちゃんと説得力のある芝居をする。
 5役、6役と演じ分けた演者さんもいましたからね。敬服します。
>>そしてカフカ役の中村さん。中村さんなしにはこのお芝居はきっと成立しなかったのではないでしょうか。
 最上級の賛辞をありがとうございます。
 ぼくとしては、スタッフおよび研究生の皆さんが稽古期間や公演中、観客からは見えない仕事をほんとうに頑張っていて、彼ら彼女ら無しに『世田谷カフカ』は成立しなかったはずだと感じます。感謝です。
 
>しか さま
 
>>靖日さんのカフカを通して人間が人間として生きることの本質を問われている気がして…色々と考えさせられました。 本当に素晴らしかったです!
 カフカを演じカフカの言葉を口にしていると、ぼく自身と重なり合うような、そんな感触もあって。なので、ぼくもたくさんのことを感じ、考えさせられました。
>>俳優というお仕事は、なんてことないありふれた日常を送っている私たちに、非日常の時間・空間や、様々な感覚を与えてくれる素晴らしい職業だと今回強く思いました。
 演劇では、演者も観客も同じ時間と空間を共有するから、とりわけその感触が濃厚なのではないでしょうか。もっともっと、たくさん芝居を演りたいと感じます、今。
 ありがとうございました。
 
 
  1. 2009/11/04(水) 17:22:25 |
  2. URL |
  3. ysh #PzBLRq/Y
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/10/13(火) 16:12:23 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

お疲れ様でした

世田谷カフカ、お疲れ様でした。
結局、私は観る事ができず…本当に残念でしたが
いつも時間を見ては『今、舞台が始まったな』とか『今ごろ靖日さん台詞話しているのかな?』など考えていました。
『幸福な疲労感』に満たされ、それが次への力になるのでは?
映画やCMを観つつ、同い年の靖日さんの活躍を自分の力にして、私も頑張ります!
では、また。少しゆっくり休んでくださいね(*^_^*)
  1. 2009/10/13(火) 13:17:20 |
  2. URL |
  3. えいえい #-
  4. [ 編集]

お疲れ様でした(^^)/

こんばんは!靖日さん!!
「カフカ」お疲れ様でした(^^)/
おそらく靖日さんがこのコメントに目を通すのは
打ち上げの後、二次回、三次回と共に公演で頑張った
仲間達と飲み歩いてヘロヘロになって家に辿り着いた後
・・・かな!?
見に行けなかったのに、こんな事書くのは本当言うと
恥ずかしいのですが「本当、お疲れ様でした!」
なかなか「生モノ」は見に行けないかと思いますが
これからも応援させてくださいね!
  1. 2009/10/12(月) 21:21:38 |
  2. URL |
  3. ことっち #-
  4. [ 編集]

舞台明日までですね。
お疲れ様でした…
あと一日頑張ってください。
私は今週はずっと多忙で今日やっと休みです
ハッピーフライト借りてきて見てます
  1. 2009/10/12(月) 13:06:46 |
  2. URL |
  3. みっちぃ #-
  4. [ 編集]

世田谷カフカ、明日までですね。
…(家族の理解と協力を得て)何とか台風の前日、観に行くことができました♪
素晴らしい時間、素晴らしい空間をどうもありがとうございました。
ナイロン100℃の舞台は初めてだったのですが、表現の伸びやかさ、深さにとても刺激を受けました。
そして、靖日さんのカフカを通して人間が人間として生きることの本質を問われている気がして…色々と考えさせられました。 本当に素晴らしかったです!
俳優というお仕事は、なんてことないありふれた日常を送っている私たちに、非日常の時間・空間や、様々な感覚を与えてくれる素晴らしい職業だと今回強く思いました。
これからも、ますますのご活躍を心から願っています。


  1. 2009/10/11(日) 23:16:36 |
  2. URL |
  3. しか #MlQgtKFg
  4. [ 編集]

昨日(10月10日(土)ソワレ)見せていただきました。
とても面白かったです。
カフカの三作品を中心に、いろんな要素がコラージュされていて、STORYがあるようでないようで、ばらばらのようで、でもつながっていて、なんだかわからないけれどすごく面白い。改めてケラさんの力量に感服しました。出演者のみなさまも素晴らしい。このわけのわからなさを背負って、ちゃんと説得力のある芝居をする。
そしてカフカ役の中村さん。中村さんなしにはこのお芝居はきっと成立しなかったのではないでしょうか。
  1. 2009/10/11(日) 19:36:47 |
  2. URL |
  3. NONAME #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/10/11(日) 11:12:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

お芝居住まいから遠くて 見に行けません 残念ですが ガンバです
  1. 2009/10/10(土) 17:52:53 |
  2. URL |
  3. ゆう #-
  4. [ 編集]

私の中でとっても謎めいたカフカ。
読み直すたびに行く様に謎の広がりがあって、はたまた迷宮。
いったいこのモヤッと感をどのように紐解いてゆくのか・・

視覚効果もさることながら、目線をそらす隙もなく、集中ありき。
さて次の展開・・どうなるの???
なんて。

気がついたらガッツリ腕組み。

見終わった後の余韻がたまらなく
変にさえています。
←思わずコメントを。

そう思わせるには、
演者は相当の集中力と体力を消耗しているのでは。

カフカ素敵でした。

今読み直すと、また違ったカフカが現れそう。
そんな自分を体感してみたいです。

ありがとうです。
  1. 2009/10/10(土) 06:20:11 |
  2. URL |
  3. chi #o/PXu/q6
  4. [ 編集]

世田谷カフカ面白かったです。

中村さん、あの役すごくぴったりでした。
あの役があること事態、驚きでしたが。
朗読のシーンも良くて、童話の朗読CDとか、出して欲しいです。

観終わって、一日経っての感想なんですが、ぼんやりと車を運転しながら(←ホントは駄目)街や人の動きを眺めていると、 舞台を観ていたことを思い出して、ふと、カフカやケラさんが描かれていた世界は、実は深い人間愛に裏打ちされたものなんじゃないだろうか?と、思いました。

そんなこと本にも舞台でも一言も言ってないですけど。
不条理だって言われるけど、観終わってから「こんな現実嫌!」って気持ちにならず、実は優しい気持ちになれるものなんじゃないか?って思いました。

カフカも読み直してみようと思います。
ありがとうございました。
  1. 2009/10/09(金) 17:36:36 |
  2. URL |
  3. k村 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/10/09(金) 12:35:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

Re:

 
>tama さま
 
ご来場ありがとうございました。
五感が開くような体験…確かに、
様々な趣向が散りばめられたお芝居ですよね。
マチソワ演る日は、さすがに身体もヘトヘトですが
とても幸福な疲労感なのですよ。
ありがとうございました。
 
 
  1. 2009/10/09(金) 01:18:32 |
  2. URL |
  3. ysh #PzBLRq/Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuhi.blog11.fc2.com/tb.php/279-9fe7bcee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。