残像時代 中村靖日_blog

weblog by yasuhi nakamura

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひとりと ひと鉢



ぼくの同居人を紹介しましょう。がじゅまるの鉢植えです。



いまから2年前、2003年の夏。いろいろなことがあって失意の底へ沈んでいた。悪いのは間違いなく、ぼくだったのだけれど。引越でもしてこの気分をぬぐい去ろうと思うものの時間は過ぎて秋になり、ようやく誕生日前になって転居した。ひとりで誕生日を過ごすのは平気だけれど、カーテンすら無い部屋で迎えるのはさすがにどうかと思い、街へ出てカーテンを選びながらふいに思った。「新しい部屋で、植物でも育ててみようか」。そのままふらっと立ち寄った園芸店で一目惚れしたのが、がじゅまるだった。愛嬌があって丈夫そうなたたずまいになんだか魅かれる。そして、ぶら下げてあった紹介文にはこんなことが書かれていた。『沖縄では、がじゅまるの木にはキムジナーという精霊が住み、多幸を呼ぶと信じられています』。沖縄の風土には常々興味を持っていたし、多幸が訪れるというのなら今の自分にうってつけではないか。まるで信心深いたちではないけれど、こういう木を育ててみるのも気分転換になるだろうと購入を決める。幹がでっぷりしていて、まるであぐらをかいた人間のようにも見える、ちょっと笑える木を選んだ。満員電車に木が押しつぶされないか冷や冷やしながら帰宅し、"ひとりとひと鉢" の同居生活がはじまった。

syo01.jpg
育て始めて3ヶ月後、真冬。2004年1月ごろか。

5ヶ月が経った翌春、2004年4月。映画『運命じゃない人』のオーディションを受け "宮田武" 役を射止めた。でもキムジナーがどうとか大真面目に言うつもりはなくて。土や幹が乾いてたら水を絶やさないよう気を配ったり、新しく芽吹いて少しずつ大きくなってゆく柔らかな葉に触れてみたりしたことが、ぼくの気分をどれだけ和らげてくれたことだろう。そしてこの失意からのゆるやかな再生の日々があったからこそ、ぼくは "宮田武" という人について、より深く感じることが出来たのかもしれない。

2年後の今、2005年8月。大ざっぱな性格のぼくが、枯らすことなくガジュマルを育て続けているのは自分でも奇蹟だと思う。多幸が訪れたかと聞かれれば、それは分からない。何も変わっていない気がするよ。あいもかわらず一進一退、七転八倒の日々。まだまだ多幸へは遠い気がするけれど、少しずつ何かをつかみかけているようでもある。がじゅまるは何も変わらず黙って傍らにいる。けれど2年前の写真と見比べれば軽く15センチは成長しているから驚きだ。何も変わらず、何も訪れていないようで、それでいて気づいたらぼくも何かを手にしつつあるのだろうか。それはまだ分からない。これからだ。

05-07-01_11-41.jpg
話は少し戻って今から1ヶ月前、2005年7月。仕事のために訪れた沖縄で巨大ながじゅまるの木、というか林へと足を踏み入れた。がじゅまるってあんなにも大きく成長するんだね。何年、あるいは何十年後だろうか、もしもうちのガジュマルが大きくなりすぎて家で育てられなくなったら、沖縄のどこかの土地へ植え移せたらいいなって思う。その頃の "ひとりとひと鉢" はどんな風だろうか。ときどき、そんなことを想像する。


  1. 2005/08/06(土) 17:26:39|
  2. ガジュマル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<『運命じゃない人』サイン入りグッズ "エンタゲット!" 出品 | ホーム | 『運命じゃない人』パンフレット>>

コメント

【補記】

がじゅまるに宿るとされる精霊は "キムジナー" よりも "キジムナー" と呼ばれるのが一般的なようです。本文中では水木しげる先生の表記をなぞって "キムジナー" としました。

つづきは…
『木を植えかえる男 ひとりとひと鉢 その二』
http://yasuhi.blog11.fc2.com/blog-entry-103.html
  1. 2006/08/08(火) 01:35:05 |
  2. URL |
  3. ysh #zRol3RE6
  4. [ 編集]

おお!

丸いなー、キムジナー。
キモカワですな。
  1. 2005/08/09(火) 14:36:42 |
  2. URL |
  3. ハッシー・G #-
  4. [ 編集]

Re:

>Hさま

いつもありがとうございますー
色々なことがあの映画につながっているとぼくも感じます
いずれ書こうと思ってた話だったので、つい長々と語ってしまいました(笑)
昔のガジュマルの写真が残ってて良かった…!

>ハッシー・G

味方してくれてると思う、うむ
いくつかの注意点を守れば育てるの意外と楽な植物だと思うよ
オレが育て続けているし(笑)

キムジナーの姿について沖縄で現地の人に聞いたら
「小っちゃくて、毛むくじゃら」だそうです(笑)
水木しげる先生も描いてます

『水木しげるの妖怪ワールド』
http://www.japro.com/mizuki/
  1. 2005/08/08(月) 17:47:17 |
  2. URL |
  3. ysh #zRol3RE6
  4. [ 編集]

なるほど。

いい話だ。
きっと、キムジナーは君に見方してくれてる。と思う。
大事に育ててください。
しかし、俺だったら育てられるかちょっと自信が無いなあ…
  1. 2005/08/08(月) 11:46:24 |
  2. URL |
  3. ハッシー・G #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/08/07(日) 16:05:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuhi.blog11.fc2.com/tb.php/33-285b6ea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。