残像時代 中村靖日_blog

weblog by yasuhi nakamura

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浮草日和 -父との電話-



いろいろあって実家へ電話した。いつもならまず母と話をするところなのだが、電話口に出たのは父。母に代わろうとするもどうやら同人の短歌の締切を翌日に控えそれどころでない様子である。父と電話で一時間以上も話したのは初めてのことだったかも知れない。家族のありがたみをひしと感じた夜。

最後には「早くいい人を見つけて紹介しなさい」といった話になり、なんだか昔観た映画に出てくる親子のやりとりのようだなと笑む。折りしもその夜は小津安二郎監督の命日。電話を終えてからビデオを何本か引っぱり出す。時間も無いので好きな、あるいはなぜだかよく思い出してしまうシーンをかいつまんで観る。

『麦秋』(1951)。嫁ぐことを決意した原節子と義姉役の三宅邦子が海岸で話をする終盤のシーン。小津作品では唯一、と記憶しているけれど、クレーンショットがある。「やりくり競争。負けないわよ」と笑う三宅邦子がなんだか可愛い。そのままついラストまで観てしまう。

『秋刀魚の味』(1962)。岸田今日子扮するママのやってるスナックで、軍艦マーチのレコードに合わせ加藤大介が歌いながら敬礼する。その姿を真似るママに「そうじゃない、こうだっ」と彼が教えるシーン。

先月だったかご近所さんのN嬢にささやかな酒宴へお誘いいただいて、遅れて行ったぼくが席についた途端、この軍艦マーチのシーンの話になった。ぼく以外のお三方は女性、しかもぼくが最年長だというのになんとも渋過ぎる話題に皆で大笑い。おどけて加藤大介の物真似をした。それからしばらく経って先週のこと、映画の現場で斉藤陽一郎さんとお昼を食べていたら、やはりこのシーンの話を彼がしたのだった。ぼくのまわりで同じ話題が続いたので驚く。それだけ人の記憶に残る場面ということか。ちなみに『亡国のイージス』にも出演した斉藤さんによると、海軍の敬礼が垂直に近いのは甲板などの狭い場所でやり易いためだとか。

『秋日和』(1960)。原節子と司葉子の母子が外食をするシーン。ビールを注ごうとして「あ、無いか」というつぶやきの軽さ。あとは洋裁学校の教室シーン。原節子が落ちてる毛糸を拾って巻く仕草や、縫い物の手本を見せるちょっとしたやりとりがなぜか印象深く。直後に校長夫妻から司葉子の見合い相手を紹介されるシーンも可笑しい。

『お早よう』(1959)。終盤、駅のホームで佐田啓二と久我美子が挨拶するシーンが観たかったのだけど、家出騒動のあたりからラストまでずっと観入ってしまう。ぼくにも兄がいるので子役たち二人の様子をみてるとあの感じがよく分かって笑いが止まらない。

『浮草』(1959)。雨が降りしきる中、民家の軒下で啖呵を切る二代目中村雁治郎と京マチ子。直前、杉村春子の家。和装でのいさかいが力強く。子らと暮らす安住をあえて棄て、再び芸の道へと旅立っていく終盤。

東野英治郎、中村伸郎、杉村春子、沢村貞子…いずれの作品を観ていても、ちらり登場する脇役陣にある確かさと厚み。

敬称略とさせていただきました。
  1. 2005/12/17(土) 03:02:12|
  2. 日々記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<浮草日和 -墓参- | ホーム | 『寵姫ズムルン』>>

コメント

Re:

はじめまして。
小津作品はサイレント期も含めて、フィルムの現存しているものはほとんど観ました。『浮草』はサイレント時代の『浮草物語』のセルフリメイクなんですよね。機会があればぜひ。
  1. 2005/12/28(水) 23:51:18 |
  2. URL |
  3. ysh #zRol3RE6
  4. [ 編集]

はじめまして。
TBさせて戴きますね。
小津作品たくさん観られているんですね!私も
もっともっと観たいです。
  1. 2005/12/28(水) 10:41:30 |
  2. URL |
  3. rie #-
  4. [ 編集]

Re:

たしかに、タイトルに"秋"の字のついた作品って多いですね。
初めて観るなら『晩春』『東京物語』あたりがいいかと思います。

歳とともに家族との話題も増えていく気がしますよ^^
  1. 2005/12/18(日) 11:38:49 |
  2. URL |
  3. ysh #zRol3RE6
  4. [ 編集]

小津監督作品は秋の作品が多いのですね…。?
多分私は断片しか見たことがないので今度ジックリ見てみます。

父と一時間も話せるネタを下さい。私、十分が限度です(汗)

  1. 2005/12/17(土) 23:59:48 |
  2. URL |
  3. あっこ #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yasuhi.blog11.fc2.com/tb.php/67-4de89cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

浮草

昨日若尾文子の美しさにふれたのでもうひとつ。小津安二郎監督の「浮草」(1959) ポニーキャニオン 浮草 若尾文子がめちゃくちゃキレイ。 タイプの違うキレイだけど京マチ子もキレイ、というかステキ。 終わってから考えさせられるものがあり、美しさの余韻
  1. 2005/12/28(水) 10:37:02 |
  2. rieの良いものは良い!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。